トップページ > 工法・材料 > UBEアシテクト防食工法

UBEアシテクト防食工法

概要

UBEアシテクト防食工法は、日本下水道事業団 平成24年4月 「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」に規定する耐硫酸モルタル防食工法の設計腐食環境Ⅱ類、Ⅲ類向けのC種、B種の工法規格に適合可能です。

UBEアシテクト防食工法では、当工業会正会員を対象とした品質管理技術者講習会を開催し、受講終了後の認定試験合格者へ品質管理技術者証を発行しています。

  
UBEアシテクト防食工法標準仕様(日本下水道事業団規格適合仕様)
工法 工程 製品名 標準仕様 設計厚み 施工方法
UAT-B工法 防食被覆工 U-アシテクトT 標準配合[質量比]
(粉体)(混和液)(水)
  20kg : 1.6kg : 約1.3kg
9mm以上 こて塗り、吹付け
UAT-C工法 防食被覆工 U-アシテクトT 標準配合[質量比]
(粉体)(混和液)(水)
  20kg : 1.6kg : 約1.3kg
15mm以上 こて塗り、吹付け

ページトップへ戻る

施工手順

ページトップへ戻る

施工例

最初沈殿池(劣化部除去後)   最初沈殿池(コテ塗り)
最初沈殿池(劣化部除去後) 最初沈殿池(コテ塗り)
     
ピット入口(劣化部除去前)   ピット入口(コテ塗り)
ピット入口(劣化部除去前) ピット入口(コテ塗り)

ページトップへ戻る