トップページ > 工法・材料 > UBEエルシーセイバー工法

UBEエルシーセイバー工法

概要

 U-エルシーワンRSⅡ/SFⅡは、土木学会基準のシラン系表面含浸材の評価基準において、全性能項目グレードA。

 本工法に使用するシラン系含浸材には、溶剤系のU-エルシーワンRSⅡと非溶剤系のU-エルシーワンSFⅡの2種類を用意しています。 施工方法は、ローラー等を使用し、1工程で所定の塗布量が施工可能となるように、ダレ防止性を高めた材料です。
 U-エルシーケートは、けい酸塩系含浸材で、コンクリート表面に塗布することでけい酸質由来の水和物がコンクリートを緻密化し、マイクロクラックへの充填効果も期待できます。

各種性能基準・規格への適合
規格等名称 U-エルシーワンRSⅡ U-エルシーワンSFⅡ U-エルシーケートNew!
国土交通省
「新技術情報提供システム(NETIS)登録」
QS-180010-A QS-180010-A
(一財)土木学会
コンクリート標準示方書「基準編」
「表面含浸材の試験方法(案)」JSCE-K571-2010



(一財)土木学会
コンクリートライブラリー137
けい酸塩系含浸工法の設計施工指針(案)
「けい酸塩系含浸材の試験方法(案)」JSCE-K572-2012



東日本・中日本・西日本高速道路株式会社
構造物施工管理要領(平成27年7月)
「シラン系コンクリート表面含浸材の性能照査項目」



試料材料 標準塗布量 塗布回数 施工方法
U-エルシーワンRSII 200g/m2 1回*
  • ローラー塗り(又は刷毛塗り)
  • エアレススプレー
U-エルシーワンSFII 200g/m2 1回*
U-エルシーケート 200g/m2 2回
  • ローラー塗り(又は刷毛塗り)
  • スプレー
*1回の塗布工程(連続塗り)で標準塗布量が施工可能。

ページトップへ戻る

施工手順

【U-エルシーワン】

【U-エルシーワン】

【U-エルシーケート】

【U-エルシーケート】

ページトップへ戻る

施工例

【U-エルシーワン】

橋脚壁柱

  擁壁

橋脚壁柱

擁壁
【U-エルシーケート】

ローラーによる施工

  スプレーによる施工

ローラーによる施工

スプレーによる施工

ページトップへ戻る