トップページ > 工法・材料 > UBEリペア工法 アルカリ付与仕様

UBEリペア工法

アルカリ付与仕様

概要

中性化による劣化が顕著な構造物に対し、特に優れた補修効果・改善効果が期待できます。アルカリ付与仕様は、けい酸塩系含浸材「U-エルシーケート」をコンクリート構造物の表面またははつり面の中性化した箇所へ塗布し、アルカリ性を付与する仕様です。また、ひび割れ部に浸透して、0.2mm未満の微細なひび割れを水和生成物により充填することができます。

ページトップへ戻る

施工手順

ページトップへ戻る

アルカリ回復効果

試験体 塗布量
(kg/m2
U-エルシーケート
塗布前のpH
U-エルシーケート
塗布後のpH
モルタル 0.1 8.7 10.4
0.2 10.9
コンクリート 0.1 8.7 10.8
0.2 10.7

ページトップへ戻る

ひび割れ充填性能

ページトップへ戻る