トップページ > 工法・材料 > 断面修復工法

断面修復工法

概要

断面修復工法とは、コンクリートの塩害、アルカリ骨材反応、凍害、中性化、化学的腐食などによるひび割れ、スケーリング、脆弱化、鉄筋腐食、コンクリートのはく離、浮き、はく落などのさまざま劣化現象に対する補修工法です。

施工方法は、左官工法(こて塗り)、吹付工法、型枠工法(流し込み・充填)の三種類に大別され、施工方法ごとに適切な材料選定が必要です。

  
施工工法 使用材料 適合規格又は用途
左官工法
(こて塗り)
左官工法(こて塗り) U-リペアパッチAP(汎用1材型) NEXCO左官工法 国交省告示1372号
U-リペアパッチEX(速硬) NEXCO左官工法
U-リペアライト(軽量) NEXCO左官工法
U-リペアライトEX(軽量・速硬) NEXCO左官工法
U-リペアPFフリー
(ノンポリマー・ノンファイバー)
厚生省令第15号
U-アシテクトRS(下水道防食被覆下地) 日本下水道事業団 東京都下水道局
U-アシテクトT(下水道防食被覆下地) 日本下水道事業団
吹付工法 吹付工法 U-リペアショット(吹付け) NEXCO吹付け工法(試験法432)
U-リペアショット厚付タイプ New!
U-リペアPFフリー
(ノンポリマー・ノンファイバー)
厚生省令第15号
U-アシテクトRS(下水道防食被覆下地) 日本下水道事業団 東京都下水道局
型枠工法
(流し込み)
型枠工法(流し込み) U-リペアフロー 国交省告示1372号


ページトップへ戻る

施工手順

ページトップへ戻る

施工例

高架橋(U-リペアパッチAP)   下水処理場(U-アシテクト)
高架橋(U-リペアパッチAP)   下水処理場(U-アシテクト)
     
高架橋床版(U-リペアショット)   桟橋桁(U-リペアショット)
高架橋床版(U-リペアショット)   桟橋桁(U-リペアショット)

ページトップへ戻る